トップページ定時制 > 定時の学び

定時の学び

1年次は習熟度別学習クラス編成

  • 本校定時制1学年では「ゆっくり、じっくり」をモットーに、本人の希望を反映した習熟度別クラス編成を行っています。

1年生1校時は 20分+25分授業 「津定フレッシュ」

  • 本校定時制は「ゆっくり、じっくり、学びなおし」を実践する一つの方策として、1学年の1時間目を20分間と25分間の2コマに分けて基礎学習を行う授業をしています。
  • 他校の定時制にはない本校独自の授業形態です。
  • この「フレッシュ」の授業では国語、数学、社会、英語を基礎から学びなおしをします。
  • 自分のわかるレベルの基礎から学びなおすことで、上級学年の学習への基礎を作ります。

少人数授業で学習をすすめます

  • 津久井定時では多くの授業が少人数で行われています。
  • 自分のペースで学習をすすめることができ、いつでも質問もできます。
  • 先生も学力に見合った教材を準備して授業を行っています。
  • また、4年生の授業では、選択科目が置かれており、自分の学びたい科目が選べるようになっています。

3年間で卒業できる「3修制」を選択できます

  • 3年間で本校を卒業することが可能です。
  • 3年間で卒業までに必要な74単位を取得するために、-1校時や0校時、および5校時に自由選択科目があり、「農業入門」、「応用生物実験実習」、「職業一般」、「英語入門」などの科目の中から興味、関心が持てるものを選び、学ぶことができます。
  • ただし、年度によって開講科目は変わることがあります。
  • さらに、漢字検定、英語検定、ボランティア活動など、学校外の活動や通信制高校連携講座を履修 (定通併修)することで、3年間での卒業が可能です。

授業風景

授業風景 授業風景